Skip to content

相続税を納める時には

相続税を納める時には税のプロフェッショナルとも言える税理士に依頼する事になります。遺産相続の時に税理士というのは頭に浮かばないかも知れませんが、相続する際にはいろいろな税金がかかってきますので、税理士に依頼するという選択肢は非常に重要になってきます。

相続は世代を超え資産の移転であり、相続対策として行われる生前贈与でも資産の移転が課題になります。財産の移転で注意しなければならないことが 税金です。

お金税理士は単純に税金を納める際に重要な役割を担っていますので、例えば相続争いがなく、本当にシンプルな相続税申告の場合には、税理士に全てお任せする事ができます。税理士は、相続した財産の評価を行い申告書を作成してくれます。もし相続の登記が必要な場合や、相続でご兄弟がもめているような場合には、司法書士や弁護士の力を借りる事になります。

税理士に依頼するような場合には、数十万円で依頼する事ができますので、同じ信託銀行などに依頼するよりもリーズナブルに相続税の申告を行う事ができます。相続する内容がそれほど高額でないような場合には、少しでもまとまったお金を残す事ができる可能性の高い税理士がベストになります。ただし税理士が相続で力を発揮するのは、相続税の申告など税に関するものだけに限定されていますので、相続する際にどのような問題があるのかを客観的に確認し、必要な専門家に依頼することが大切です。