Skip to content

相続相談をする相手選び

急な相続をする場合には、いろいろと準備が大変になります。ご兄弟がいるような場合には、相続内容を相談しなければいけませんし、そもそもどれが相続内容にあたるのかなど全容の確認も必要になります。また、生前贈与でなければお葬式の手配などもしなければいけないのでそれどころではないような場合も多くなっています。

相談また、相続で厄介なのが相続税です。相続税は多く支払う分には税務署から何も言われないのですが、少しでも少なく支払っているような場合には、追加徴税といって少し多めに支払わなければいけないという罰則などもあります。ただでさえ素人の方では対応するのが難しい状況ですので、専門的な知識が必要となる相続税の計算は多くの方にとって難しいものでしょう。

そのため、世の中の大半の方は、相続税を申告する時には相続相談を専門家に依頼するようになっています。相続に関しては、弁護士や行政書士、司法書士などいろいろな選択肢がありますので悩んでしまいますが、純粋な相続税の相談に関しては、やはり税金のプロフェッショナルの税理士にお任せした方がよいというのが一般的な意見となっています

しかし、人生でそう何度もない相続の機会において、いざという時に冷静に相続相談をする相手を選ぶのはとても難しいことだと言えます。こちらのページでは、まだ両親が元気であっても将来的に相続する予定があるという方のために、相続対策の相談に最適な相手を選ぶ方法をご紹介します。