Skip to content

弁護士に頼むべき案件

相続問題の際には弁護士に頼むのが一番と思っている方も多いでしょう。しかしながら、実のところ弁護士に頼むべき内容は、相続の中でも限られています。ですが、テレビドラマなどでは相続問題が起こった際に弁護士が良く登場します。それは、相続の問題の中でも取り分け重要な部分で弁護士の力が必要になってくるからなのです。

天秤弁護士に相続の相談をする事が必要になってくるポイントは、遺族で相続の内容を争ってしまっているような状況です。特に亡くなった方が前もって相続する内容を遺書などで残していないような場合には、どうしても兄弟同士でもめてしまうような事があります。そういった時には弁護士の方に間に入ってもらい、正しい財産分与を行うというのが通例となっているのです。

その一方で相続税を納める時などには、あまり弁護士の力が必要とされることはありません。弁護士が活躍するのは遺言書の作成や保管執行、相続放棄、遺留分減殺請求などになっています。したがって、あらかじめ相続する内容が決まっていたり、相続対象が一人だけのような場合には、弁護士に相談をするということはあまりないかもしれません。
ですが、もし遺産相続でトラブルが起こってしまった場合には、一般の方では分からない複雑な法律にも詳しい弁護士に相談をすれば、解決も早くなります。