Skip to content

作者別: 管理者

相続税を納める時には

相続税を納める時には税のプロフェッショナルとも言える税理士に依頼する事になります。遺産相続の時に税理士というのは頭に浮かばないかも知れませんが、相続する際にはいろいろな税金がかかってきますので、税理士に依頼するという選択肢は非常に重要になってきます。

相続は世代を超え資産の移転であり、相続対策として行われる生前贈与でも資産の移転が課題になります。財産の移転で注意しなければならないことが 税金です。

お金税理士は単純に税金を納める際に重要な役割を担っていますので、例えば相続争いがなく、本当にシンプルな相続税申告の場合には、税理士に全てお任せする事ができます。税理士は、相続した財産の評価を行い申告書を作成してくれます。もし相続の登記が必要な場合や、相続でご兄弟がもめているような場合には、司法書士や弁護士の力を借りる事になります。

税理士に依頼するような場合には、数十万円で依頼する事ができますので、同じ信託銀行などに依頼するよりもリーズナブルに相続税の申告を行う事ができます。相続する内容がそれほど高額でないような場合には、少しでもまとまったお金を残す事ができる可能性の高い税理士がベストになります。ただし税理士が相続で力を発揮するのは、相続税の申告など税に関するものだけに限定されていますので、相続する際にどのような問題があるのかを客観的に確認し、必要な専門家に依頼することが大切です。

登記で活躍する司法書士

家弁護士と同じく相続の時に活躍してくれる専門家の中でも有名なのは司法書士です。司法書士は、企業単位の顧客の依頼により法律関係の書類を作成することや、法律上の手続きを代行する事を主な業務としています。かなり複雑な法律関係の業務が主になっており、特に土地や建物の登記などの不動産登記や、会社の登記などの法人登記などを行っています。

相続の時に司法書士が活躍しているのは、遺産の中でも不動産に関わる部分となっており、不動産の名義変更などを代理で行ってくれます。両親の遺産を相続する場合には、名義変更が必要となるのですが、不動産の登記変更は、物が物だけに非常に複雑な手続きや書類の作成が必要になります。相続の登記は非常に専門的な知識が必要になりますので基本的には司法書士が選ばれているのです。

また、司法書士は、一部制限があるのですが、遺言書の作成や、相続を放棄する際の手続き、遺産分割協議書の作成、遺産分割調停などを行う事ができます。ただし、相続を放棄する場合には、書類を依頼人に変わって作成する事ができますが、通知を受ることや回答する事はできません。また、遺産分割調停の場合、140万円を超える遺産の場合には、代理人となれないなど弁護士と異なる部分があります。

弁護士に頼むべき案件

相続問題の際には弁護士に頼むのが一番と思っている方も多いでしょう。しかしながら、実のところ弁護士に頼むべき内容は、相続の中でも限られています。ですが、テレビドラマなどでは相続問題が起こった際に弁護士が良く登場します。それは、相続の問題の中でも取り分け重要な部分で弁護士の力が必要になってくるからなのです。

天秤弁護士に相続の相談をする事が必要になってくるポイントは、遺族で相続の内容を争ってしまっているような状況です。特に亡くなった方が前もって相続する内容を遺書などで残していないような場合には、どうしても兄弟同士でもめてしまうような事があります。そういった時には弁護士の方に間に入ってもらい、正しい財産分与を行うというのが通例となっているのです。

その一方で相続税を納める時などには、あまり弁護士の力が必要とされることはありません。弁護士が活躍するのは遺言書の作成や保管執行、相続放棄、遺留分減殺請求などになっています。したがって、あらかじめ相続する内容が決まっていたり、相続対象が一人だけのような場合には、弁護士に相談をするということはあまりないかもしれません。
ですが、もし遺産相続でトラブルが起こってしまった場合には、一般の方では分からない複雑な法律にも詳しい弁護士に相談をすれば、解決も早くなります。

相続相談をする相手選び

急な相続をする場合には、いろいろと準備が大変になります。ご兄弟がいるような場合には、相続内容を相談しなければいけませんし、そもそもどれが相続内容にあたるのかなど全容の確認も必要になります。また、生前贈与でなければお葬式の手配などもしなければいけないのでそれどころではないような場合も多くなっています。

相談また、相続で厄介なのが相続税です。相続税は多く支払う分には税務署から何も言われないのですが、少しでも少なく支払っているような場合には、追加徴税といって少し多めに支払わなければいけないという罰則などもあります。ただでさえ素人の方では対応するのが難しい状況ですので、専門的な知識が必要となる相続税の計算は多くの方にとって難しいものでしょう。

そのため、世の中の大半の方は、相続税を申告する時には相続相談を専門家に依頼するようになっています。相続に関しては、弁護士や行政書士、司法書士などいろいろな選択肢がありますので悩んでしまいますが、純粋な相続税の相談に関しては、やはり税金のプロフェッショナルの税理士にお任せした方がよいというのが一般的な意見となっています

しかし、人生でそう何度もない相続の機会において、いざという時に冷静に相続相談をする相手を選ぶのはとても難しいことだと言えます。こちらのページでは、まだ両親が元気であっても将来的に相続する予定があるという方のために、相続対策の相談に最適な相手を選ぶ方法をご紹介します。