Skip to content

登記で活躍する司法書士

家弁護士と同じく相続の時に活躍してくれる専門家の中でも有名なのは司法書士です。司法書士は、企業単位の顧客の依頼により法律関係の書類を作成することや、法律上の手続きを代行する事を主な業務としています。かなり複雑な法律関係の業務が主になっており、特に土地や建物の登記などの不動産登記や、会社の登記などの法人登記などを行っています。

相続の時に司法書士が活躍しているのは、遺産の中でも不動産に関わる部分となっており、不動産の名義変更などを代理で行ってくれます。両親の遺産を相続する場合には、名義変更が必要となるのですが、不動産の登記変更は、物が物だけに非常に複雑な手続きや書類の作成が必要になります。相続の登記は非常に専門的な知識が必要になりますので基本的には司法書士が選ばれているのです。

また、司法書士は、一部制限があるのですが、遺言書の作成や、相続を放棄する際の手続き、遺産分割協議書の作成、遺産分割調停などを行う事ができます。ただし、相続を放棄する場合には、書類を依頼人に変わって作成する事ができますが、通知を受ることや回答する事はできません。また、遺産分割調停の場合、140万円を超える遺産の場合には、代理人となれないなど弁護士と異なる部分があります。